長洲未来、アメリカ代表オリンピックフィギュアスケート選手(2009年) Courtesy of MIrai Nagasu Official Website - copyright Leah Adams
日本からの新しい移民

現代では、新しい日米間の移民が、この両国の関係を物語っています。2009年10月現在で、合衆国に住む日本人は384,411人でした。この中で37%にあたる142,017人が永住者で、在米の在留邦人数は、他国に群を抜き最多となっています。日本の大企業は、合衆国でアメリカ人を雇用し、特に太平洋岸地域では、日本のポップカルチャーが人気を得ています。日本からの商社員の子女は、アメリカで両国の言語と文化を持ち合わせた世代へと成長し、毎年、多くの日本の学生が、合衆国の高校、大学に留学しています。

100年以上前の一世の集団移民の時代と比較すると、現在の日米両国間の関係には大差が見られ、戦後の協力体制、日本の経済的な発展は、合衆国への新しい形での移民を生み出しました。日本から合衆国への、著名な移住者には、アーティストでミュージシャンでもあるオノ ヨーコ、国際的に知名度の高いバイオリニストの五嶋みどり、そしてオリンピックのフィギュアスケート選手の長洲 未来などがあげられます。

 

前のトピックへ前のトピックへ

長洲未来、アメリカ代表オリンピックフィギュアスケート選手(2009年)
Courtesy of MIrai Nagasu Official Website - copyright Leah Adams

当時を語るインタビューから


ショーンに(オノ ヨーコ氏のご子息)「東京でコンサートするから来ない?」って2008年に呼ばれて。で、その時はその一晩のために日本に行くなんてちょっとねえ……って思ってたんですけど。私の歌は案外ミュージシャンにとっては、ついていくのが難しいんです。だから「日本のミュージシャンには無理かなあ」なんて思ってたんです。彼らが誰かぜんぜん知らなかったし。でも、実際にやってみるとそれがピシャッとついてきたんですよね。あっ、これはどういうことかしら?って思って。そのついてくるっていうことがね――私の今までの経験では、世界中ですごく尊敬されているようなミュージシャンたちでも、私についていくのは難しかったんです。(そのライヴの時に)ふと後を見たら、みんなニコッとしてるのね。それが凄い!と思ってね。みんな自然で力んだりしてないのよ。皆さんすごいミュージシャンだったわけでしょ。それでショーンとね、「ママ、アルバムを作ろうよ」なんて話になった時に、「あの時のあの人たちを呼んでよ」って、呼んでもらったの。

オノ ヨーコ

ローリングストーン日本版、2009年10月号のインタビュー記事より