忠誠登録のアンケート(1943年) 抑留所 Courtesy of Densho, the Ikeda Family Collection
忠誠登録

1943年始めの忠誠登録は、強制収容所にいる日系人の忠誠心を図り知ろうという、ずさんな企画と実行で行われた計画の一部でした。収容所生活は、いづれ釈放されなくてはならない人々を傷つけていると悟り、政府当局は、いくつかの目的を持って忠誠登録を作成しました。内陸部の地区に転出を許可してもいいのは誰か見極めること。二世の男性達に兵役を通して、アメリカ魂を見せる機会を与えることで世論の改良をはかること。そしてアメリカ政府に不忠実とみられる人物を隔離することでした。当局はこのアンケートの意図の説明もなく、物議を呼んだ二つの質問を投げかけました。27番目の質問は、二世の者がアメリカ軍入隊の意志があるか、28番目の質問は、アメリカ合衆国に忠誠を誓い、日本国天皇への忠誠を「破棄」するかというものでした。二世の中には、自分達を投獄した国のために戦えと言われ、憤慨した者もいました。一世は、当時アメリカの市民権の取得を許可されていませんでした。そのために、日本との関係を否定することは無国籍状態につながり、日本に忠誠を示せば、国外追放の危機にさらされるという状態に追い込まれたのです。アメリカ生まれの二世達は、アメリカ政府から日本に忠誠心を持っていると思われたことに憤りを感じました。この質問両方に、怒りや抗議心から「ノーノー(いいえ)」と答えた者は、全て不忠実というレッテルを貼られたのです。親が開放されれば兵役に就くとした二世のように、条件付きで答えた人達も、同様に不忠実とみなされました。欠陥だらけのアンケートでしたが、それでも政府当局はこれを忠誠心を計る真の検証として扱い、その結果に基づいて日系人を振り分け、何千人もの人々に悲惨な結果をもたらすことになったのです。

 

前のトピックへ前のトピックへ

忠誠登録のアンケート(1943年)
Courtesy of Densho, the Ikeda Family Collection

当時を語るインタビューから


あの(忠誠登録の)アンケートが, どうやって配れらたのかは覚えていません。でも27番目と28番目の質問は覚えていますよ。「この国に忠実を誓いますか?」とういものでしたね。もうひとつは、「言われた部署どこにでも就いて、合衆国軍で兵役を果たしますか?」でした。これが日本人が分裂していった始まりだと思いますね。特に帰米の人達だったら、いいえって答えますよ。この国(アメリカ)で兵役に就こうとは思わなかったでしょう。二世はなんと答えたらいいのか分からないし、一世の親は子供にどうしろと言ったらいいのか分からない。(一世の)親はもちろん、合衆国で兵役に就くことはありません。アメリカの市民権ももらえなかったんですから。収容所内では、アメリカ国籍を持っていて、合衆国のために戦うべきだと主張する人もいました。合衆国に対して非常に怒りを感じていた人達もいて、こちらは「兵役なんかに就くものか」と断言しました。その後は、日本人同士の間での争いですよ。政治的な質問だったと同時に、非常に個人的な質問でもあったので、大変でした。いろいろな感情があいまって、同じ家庭の中で、意見が分かれることもありましたね。あちこちで家族が崩壊し始めてしまったんです。

ユリ・チヤマ

カリフォルニア州サンペドロ出身の二世、アーカンサス州ジェローム収容所から解放された後、人権擁護活動家となる