JACLの事務所を出る二世男性(1942年) 
カリフォルニア州、センタービル. Courtesy of the National Archives and Records Administration
日系アメリカ人市民同盟

日系アメリカ人市民同盟(Japanese American Citizens League、略してJACL)は、人種差別や偏見にさらされた日本人の血を引いた人達や、他人種の人達の人権を守るため、1929年に設立されました。今日では、アジア系アメリカ人の中では最大の人権擁護団体に発展し、米国内の各所に多数の支部を持っています。当初の指導者達は、大学教育を受けた親アメリカ派の二世達でした。1930年代、日系アメリカ人市民同盟は、いくつかの差別的な法律の撤回にも成功しています。同団体は、政治的には、対立より融和を図るという立場を取っていました。1942年の冬に、一世の日系社会の指導者達が逮捕された後、当時設立されたばかりだったこの市民同盟は、日系人と連邦政府の仲介者的役割をにないます。立ち退き命令に抵抗するのは無駄な努力だという判断から、日系人のアメリカ政府に対する忠誠心を証明するため、政府当局に全面的に協力することを人々に呼びかけたのもJACLでした。収容所内では、会員達は政府管理者に協力し、政府反対者達を非アメリカ的だと批判します。JACLは日系社会を裏切ったと感じる人もあり、いくつかの収容所では、会員達が犬(裏切り者)だとして、暴行を受けることもありました。1970年、80年代には、賠償金請求活動を推し進めるのを援助しています。

 

前のトピックへ前のトピックへ次のトピックへ次のトピックへ

JACLの事務所を出る二世男性(1942年)
カリフォルニア州、センタービル
Courtesy of the National Archives and Records Administration

当時を語るインタビューから


JACLは、日系社会とアメリカ政府の仲介者役になったことで、かなり重要な団体とみられるようになりました。逆に言えば、政府がJACLを仲介者として選んだために、JACLが情報源として、それに、いろいろ湧き上がってくる問題に関してどう対処すればいいのか助言を求める場所として、一目置かれるようになったんですね。避難命令に従うことで、多くの人はJACLが政府当局にへつらってると思ったし、協力者として行動したことでも、(政府の)命令に従ったと非難されました。あの時期を通して、JACLに対して良い思いを持ってる人は少なかったですね。JACLの指導者達は、やむを得ず権力者的な態度を取っていたのですが、日系社会の人たちは、それに反感を抱いていましたよ。その一方で、JACLは、どんなことであれ、コミュニティーの業務をまとめられる唯一の団体だったんです。一世のコミュニティーの団体は、ことごとく閉鎖されてしまっていましたからね。JACLが唯一存在した日系アメリカ人の団体だったんです。それで、JACLに対しては、好き嫌い両方入り混じった感情が持たれていましたね。皆、いろんなことをやってくれることには感謝してたんですが、アメリカ軍部と政府の代表者である限りは、批判的で良くは言いませんでした。

フランク・ミヤモト

ワシントン州大学、社会学名誉教授