「警告!祖国は今危機にさらされている!」政治的宣伝ポスター(1942年) Courtesy of the National Archives and Records Administration
妨害行為の虚偽報道

真珠湾攻撃後の数ヶ月の間に、ラジオや新聞記者達は、アメリカ西海岸の日系人達が日本軍を助け、大日本帝国の手先となって働いているという、根も葉もない報道を行いました。特にカリフォルニア州の新聞各社は、卑劣なアジア人と「黄禍」の侵略という、使い古されたイメージを持ち出してきて、その長年にわたる反日運動をなおも続けていたのです。記者達は、一世の漁夫や農夫は、アメリカの軍事基地の位置を教えるために、船を並べたり、農作物を形に植えたりして、敵国日本軍の飛行機に信号を送っていると言い立てたのです。それに加え、合衆国海軍長官は、「第五列」の活動が太平洋艦隊の破壊を援助したと発言しました。ハワイ州の海軍司令官と連邦捜査局はこれを否定しましたが、一般市民は違いました。特に合衆国西部の防衛責任者ジョン・ドゥウイット中将は、日本人の血を引く人々がたどる運命に、破壊的な影響をもたらせた人物です。ドゥウイットは反日感情をかきたてるような噂を流し、アメリカ西海岸に住む日系人が日本軍の潜水艦に信号を送って、アメリカ軍の戦艦の攻撃の手助けをしていると、虚偽の発表を行ったのです。連邦各局は、この言いがかりを否定していましたが、アメリカ政府は、このような日本人の血を引く人達に対する根拠のない恐れをかきたてるような作り話を、正式に誤りと証明する努力をしめそうとはしませんでした。

 

前のトピックへ前のトピックへ

「警告!祖国は今危機にさらされている!」政治的宣伝ポスター(1942年)
Courtesy of the National Archives and Records Administration

当時を語るインタビューから


始めに戦争(第二次世界大戦)が起こった時点では、地方の新聞は非常に冷静でした。シアトル市民に、国内に住む日本人は開戦とは何のかかわりもない、非難しないようにと、呼びかけていたのを覚えています。4、5週間は、静かでしたね。少なくともシアトルでは、団体や個人が、日本人に暴行をくわえたといような話は聞かなかったです。カリフォルニア州は、それほど平和的ではなかったようですがね。その後、新聞や報道機関が、反日的な偏見をかりたてるようになってから、周りの雰囲気は険悪になっていきました。新聞があんなことさえ書きたてなかったら、あるいは避難命令も、避けられていたかもしれません。もともと全く不必要なことだったんですから、、アメリカの報道機関が無責任に、意味もなく世論を炊き付けなかったら、我々があのように監禁されることもなかったと思いますよ。

ショウスケ・ササキ

シアトルに住む賠償金運動に参加した一世の活動家