強制立ち退きの前に、高校の校長と話し合う二世の学生(1942年) ワシントン州、ベンブリッジ島 Courtesy of the Bainbridge Island Japanese American Community
二世

二世とは、一世の移民のアメリカ生まれの子供達を指します。法律上は正式なアメリカ国民で、日本に対して宣戦布告が行われた時も、敵国外国人として合法的に投獄されることはできないはずの存在でした。それにもかかわらず、ルーズベルト大統領が大統領令に署名し、陸軍に指定軍事地域から住民を排除する許可を与えた後、7万人以上の二世が、一世の親と共に強制収容所に送られたのです。一世の親の中には、自分達のアメリカ生まれの子供を日本領事館に登録して、日本国籍も取得させた人達がいて、これも二世に対する疑惑を招くことにつながりました。第二次世界大戦中、大部分の二世は10代か20代でしたが、収容所では、アメリカ政府当局により敵国日本につながりが強すぎるとされた一世より重視され、指導者的立場に立つことになります。二世は、日米二カ国の文化の混ざり合った存在と言えます。家の中では、両親と日本の食べ物、習慣、時には宗教も共にしました。学校や家の外の生活では、アメリカの生活態度や好みを身につけます。ほとんどの二世は、日本語学校に通わされたものの、流暢ではありませんでした。帰米というのは、二世の一部で、ある時期日本に送られて教育を受け、より日本的な考えを持った人達のことです。

 

次のトピックへ次のトピックへ

強制立ち退きの前に、高校の校長と話し合う二世の学生(1942年)
ワシントン州、ベンブリッジ島
Courtesy of the Bainbridge Island Japanese American Community

当時を語るインタビューから


日本の習慣を持った日本の家庭から来て、幼稚園に入った時には、英語が全く話せませんでした。学校生活を通して、多くのアメリカの習慣を学んだんです。アメリカの食べ物にも慣れていなかったもので、学校の食堂の食事がとても珍しかったですね。とてもよく覚えているのは、焼きたてであつあつの(アメリカ式の)ビスケットにバターを塗ったものでした。当時、日本人はバターをほとんど使わなかったんですけれど、このビスケットは、べったりとバターが塗ってあるんです。家に帰って親に「学校でこんなに美味しいビスケットを食べたのよ。どうして家では食べられないの?」と言ったものです。親は、何の話をしているのかも分かっていませんでした。先生達は、とても根気よく教えてくれましたね。日本人だけでなく、イタリア人移民の子供もいましたからね。イタリア人達も、自分達特有の味がありました。私も、にんにくの味を教わりましたよ。学校を通して、読み書きだけでなく、こういったアメリカや他の国の文化も学んだんだと思います。

カズコ・ビル

カリフォルニア州のツールレイク収容所から開放された後、医師になったシアトルの二世