賠償金請求の公聴会 (1981年)
ワシントン州、シアトル
Courtesy of the National Archives and Records Administration
第五章: 復帰

第二次世界大戦中の、日本の血を受け継いだ人達の集団拘留は、日系アメリカ人の地域社会を劇的に変えました。強い横のつながりを持っていた日本人街や農場地域は崩壊し、一世が汗を流して築いてきたものは壊れ去り、二世の世代が日系社会の指導的な役割を担うようになりました。1945年に日本との戦争が終わり、収容所閉鎖後、収容されていた多くの人達はアメリカ西海岸地域へ戻って来ました。そしてそこで日系家族は、自分たちの財産が破損・紛失している現状を目の当たりにするのです。

また、反日感情の強い西海岸地区を逃れ、中西部や東部で出直しを図ろうとする日系人も多くいました。アメリカ全体で職も住居も不足している時期です。当時持たれていた反日感情のため、収容所帰りの人達の職探しや家探しは厳しいものでした。ハリー・トルーマン大統領はホワイトハウスの演説で、日系人兵士で組織された第442連隊戦闘団に対し「あなた達は敵国と戦っただけではなく、偏見とも戦って勝利を得た」と讃えたにもかかわらず、その帰還兵でさえ、人種差別と拒絶に迎えられました。

一世が年老い、二世がキャリアと家族を築くうちに、痛ましい強制収容所の記憶は、かたすみに追いやられるようになります。戦後、アメリカ主義が強く打ち出されるに従って、二世は自賠償金請求の公聴会分達の日本の部分を表に出すこともなくなりました。三世の子供達に、収容所の記憶を語ることもありませんでした。1960年代後半になって、三世の活動家と二世の指導者達が、裁判と立法により、連邦政府に対し賠償金の要求を始めます。1988年にロナルド・レーガン大統領が、戦時中の不正な拘留の被害を受けた存命の被害者全員に、それぞれ2万ドルの賠償金の支払いと、大統領公式謝罪を認める法律に署名するに至り、この賠償金請求は成功裏に終わりました。

現代の日本人の血を引くアメリカ人たちは、その伝統に誇りを持って活躍しています。日米間の強い絆から、新世代の日本人移民達も日系アメリカ人の歴史に新たなページを加えています。アメリカ政府が、再びある人種の拘束を行うようなことをするとは思えません。しかし、国際化が進展し、国家の安全保障を真剣に考慮すべきこの時代に、第二次世界大戦の収容所の悲劇をかんがみることは価値のあることではないでしょうか。

 

前の章へ前の章へ

収容所から出所していく人(1946年)
カリフォルニア州、マンザナー収容所
Courtesy of the National Archives and Records Administration"

当時を語るインタビューから


(収容所から帰った後、知り合いの)林さんは、下宿屋を経営していたので、それを修理しました。お寺にホステルを設置するのも助けてくれましたね。仮ベッドや毛布なんかを、用意してくれたんです。でもお寺にはシャワー施設がなくてね。トイレはあったんですが、シャワーはなかったんです。とにかく皆、私の家で風呂に入りましたね。軍のバラックみたいなものでしたよ。いろんな家族が一緒に住んで、大部屋に一緒に雑魚寝です。「これじゃあ、収容所と一緒だね」って言ったものです。皆、仕事と住む所を探して出かけました。その頃、ワトソンビルの農商工会議所は、我々を迎え入れない、雇わない、物を売らない、土地家屋を貸さないという提案を15対3で可決しましてね。「その(反対してくれた)3人は誰なんだ?」って言いましたね。 (この反日的方針に賛成した)15人のことなんかどうでもいい。関係ありゃしない。勇気を持って、我々のために立ち上がって、また迎え入れてくれた、その3人が誰だったのか知りたかったんです。メイン通りには「ジャップ禁止」「ジャップお断り」の看板が目につきました。徴兵はまだ続いていました。戦争は終わっていたんですが、まだ徴兵されて、若いハワイ出身の二世がオード軍事訓練センターで訓練を受けてました。仏教会に寿司を食べに来たものです。そいつらは、メイン通りにそんな看板を見ると、その店に入っては、はずして破いていました。ワトソンビル出身の帰還兵は、そんなことはしません。静かで「我慢しろ」とか「ことを荒げるな」っていうふうでした。でもハワイの二世達は、我慢しませんでしたよ。我々はそれが有難かったものです。

マス・ハシモト

10歳の時にアリゾナ州のポストン収容所から開放され、カリフォルニア州のワトソンビルに帰る